toggle

PROFILE

yoshiekamiyatougarashiproject

 

株式会社 生活工房とうがらし

代表取締役/神谷 禎恵(かみや・よしえ)

●フードプロデューサー/「食」をテーマにブランディングからプロデュースまで。

●調味料マイスター(九州初)/基本的な調味料の講座を年間100回以上開催。

●農林水産省「食のオフィシェ」/生産者と料理人と消費者をつなぐ活動。

●マダムゆず/ゆずごしょうを広める活動から柚子のPRまで。

●大分県乾しいたけ大使/国内シェアの半分近い大分県の乾しいたけを日本全国と海外でPR。

 生活工房とうがらしとは?

とうがらしの育つ家は栄える─。 
とうがらしの緑の葉は佃煮や味噌漬けに、青い実は柚子胡椒に、
熟れた赤い実は冬の白菜漬け、春の高菜漬け、夏のぬか床漬けなどに利用される。
つまり唐辛子を植えることは、一年間の台所仕事を段取りし、家事を大切にする意味がある。 
という祖母や曾祖母の教えを由来に「生活工房とうがらし」と名づけられた。